ジオブログ Rotating Header Image

NPOジオクロス工法研究会セミナー開催のお知らせ

ジオクロス・ユビファ工法
-織布と砕石を用いた地盤改良工法ーが 一般社団法人日本建築総合試験所の建築技術審査証明、GBRC性能証明第15-03を取得しました。
従来の不織布シートに較べて引張強度の高い織布シートを用いることで、シートの敷設枚数を1枚に低減し、コスト、労力の低減、ローカーボンを図っています。
従来のジオクロス工法は地盤改良工法でしたが、支持力式を持つ地盤補強工法として認定されました。
NPOジオクロス工法研究会は性能証明の内容を説明を中心として下記の様にセミナーを開催します。
日時:5月26日(火曜日)午後1時から午後4時30分まで
場所:代々木ふれあい会館 1階会議室 渋谷区代々木1-37-10
参加費:5,000円
内 容
①ジオクロス・ユビファ工法の技術審査証明の内容について説明
②地盤保証の運営
終了後に会費制で懇親会を予定しています。
お問い合わせ先
ジオファーム株式会社 電話:03-5358-8252 メール:geo@geo-firm.co.jp
NPOジオクロス工法研究会は会員を募集しています。

「ジオクロス・ユビファ工法」技術審査証明取得

一歩進んだジオクロス工法が誕生しました.

戸建住宅の軟弱地盤対策「ジオクロス工法」がより高い支持力を得られる「ジオクロス・ユビファ工法」として、日本建築総合試験所で技術審査証明を取得しました
【GBRC性能証明 第15-03号 織布と砕石を用いた地盤補強工法】
戸建住宅を建築する時に、地盤調査の結果で何らかの地盤補強が必要になる場合、中規模建築物で用いるような過大な地盤補強工事を行う事が多く、環境と費用の負担が問題になっている。
また、東日本大震災後、地盤に対する関心は高まり、戸建て住宅に適した地盤補強が求められている。
そこで、戸建て住宅に適した必要充分な地盤補強を、建築主、施工者の立場から発案した工法が「ジオクロス・ユビファ工法」である。
開発の発端は土木分野で使用されているジオシンセティックスとの出会いから始まる。
ジオクロス・ユビファ工法はセメント系固化材や杭などを使用せず、騒音、振動、粉塵などを発生しない工法で、地下水や土壌の汚染もない。さらに文化財埋蔵地区の地盤改良としても適している。
また、家屋解体後の土壌残存物が無く撤去が容易である。
開発当初は土木シートとして使用されている不織布、デュポン社製「タイパーSF49」をジオクロスシートとして住宅べた基礎下に縦、横2枚重ねて敷設しジオクロス工法としていた。
今回さらに性能向上をめざし、住宅専用軟弱地盤補強用織布「ユビファシート」を開発した。
「ユビファシート」はユニチカ製高張力撚糸「ビストロン」を縦糸に使用することで引張強度を高め、建物短辺方向1枚の設置のみで、従来工法の不織布2枚重ねて使用する工法と比較して、より支持力を高めることができた。
本工法は、従来工法のジオクロス工法よりも作業性が良く、少ない資材で施工できる。住宅軟弱地盤対策専用に開発したユビファシートを使用する事で、より安全・安心できる、改良された工法である。
これまでのように杭を支持層に固定する抵抗型基礎に比べて、戸建住宅ではジオクロス工法のような地盤均衡型工法は非常に経済的であり、環境負荷も少ないので、ますます増大していくと考えられる。
販売元のジオファーム株式会社はNPO法人ジオクロス工法研究会を通じて普及活動を行っている。
NPOジオクロス工法研究会は会員を募集している。
問い合わせ先       http://www.geo-firm.co.jp/
NPO法人ジオクロス工法研究会
電話:03-5358-8568    メールgeo@geo-firm.co.jp

袋井セブン駐車場経過観察

8年前の設置風景

テクトン区全景

右はテクトン区、左はジオテキスタイル無区

東名IC近くのセブンイレブン駐車場にテクトンを設置してから8年がたちます。

2年後に利用客が多いので隣も駐車場にしました。

設置区と無設置区の比較写真を載せます。

8年たっても、ノーメンテナンスです。

遺跡保護シート

市電の看板

市電の看板

路盤の下には遺跡があります

土木シート、タイパーで覆い遺跡を保護します。

富山市は低炭素都市をめざし、市電をより便利にするために新規路線を作りました。

しかし道路には貴重遺跡が多くあるので、遺跡保護のために防草シートや土木シートとして使われている

「タイパー」を使いました。

防草工事

整地後に地土壌処理除草剤を散布

大型ロールを並べて施工します。

大型ロールを並べて施工します。

重ね幅は50㎝、砕石の下になるので半永久的に防草します。

重ね幅は50㎝、砕石の下になるので半永久的に防草します。

北陸の幹線道路中央分離帯防草工事に「テクトン」が使用されました。整地後、土壌処理除草剤を処理して「テクトン」

4.74×50mの大きなロールを50㎝重ねでまきだしながら砕石で抑えます。

3年前の暮れに施工し、昨年は雑草を見事に抑えました、さて今年の効果はどうなるか楽しみです。

ジオクロスにも使用されている土木用不織布は防草シートとしても多く使われ出しています。